閉じる
  1. 東京オリンピック野球日本代表の座は誰が勝ち取るのか?選出メンバーを大胆…
  2. 2020年東京オリンピック野球日本代表の注目選手を紹介!誰が日本代表の…
閉じる

野球日本代表!東京オリンピックを彩る注目選手を紹介するブログ

東京オリンピック野球日本代表選手に選ばれるのは誰だ!?注目選手の一人松井裕樹選手について解説

今回の東京オリンピック野球日本代表候補は

「松井裕樹」選手!

現在は、東北楽天ゴールデンイーグルスの若きクローザーとして活躍。

松井選手のプロフィール、特徴、日本代表での立ち位置を書いていく。

 

東京オリンピック日本代表候補 松井裕樹選手のプロフィール

生年月日 1995年10月30日 投打 左投左打
年齢 22歳 ポジション 投手
プロ通算年 5年目 出身地 神奈川
身長 174cm 血液型 A型
体重 74kg 年俸 14,000万円(推定)
経歴 桐光学園高
ドラフト ドラフト1位
タイトル

(出展:プロ野球データFreak

小学校2年時に「元石川サンダーボルト」で野球を始める。

6年時には、当時応援していた地元球団・横浜ベイスターズのジュニアチームに加入

横浜市立山内中学校への進学後は、「青葉緑東シニア」へ所属。3年時には、全国大会での優勝を経験した。

高校は、桐光学園高校へ進学。

高校2年夏の第94回全国高等学校野球選手権神奈川大会では、今治西高校との1回戦で、大会史上最多の10連続奪三振と1試合22奪三振を記録。

2回戦の常総学院戦でも19奪三振をあげて2試合で41奪三振、これまで板東英二が持っていた2試合計での最多奪三振記録を更新した。

3年夏の選手権神奈川大会では、準々決勝の対横浜高校戦で淺間大基、高濱祐仁から本塁打を浴び、8回を8安打3失点、10奪三振、自己最速の149km/hを記録する投球を見せるも敗退。

2013年のNPBプロ野球ドラフト会議では、東北楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズ、福岡ソフトバンクホークス、横浜DeNAベイスターズ、北海道日本ハムファイターズから1巡目で指名。

指名の重複による抽選で楽天が交渉権を獲得すると、1億円に出来高分5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という最高の条件で契約した。

プロ1年目は、先発や中継ぎを経験。

2年目からは、抑え候補であったミコライオの怪我によりクローザーを任される。

松井選手の高い奪三振能力がクローザーに適しており、現在では不動のクローザーとして楽天のブルペンを若くして支えている。

 

松井裕樹選手の強みは、どんな球種でも腕が振れること

松井選手の特徴は、

・伝家の宝刀 スライダー

・腕の振りがいい

・ストレートとチェンジアップのコンビネーション

が挙げられる。

①伝家の宝刀 スライダー

松井選手を語る上で、忘れてはならないのが「スライダー」である。

高校時代の松井選手のスライダーをまともに打てる打者は、ほとんどいない状態。

まさに無敵だったのだ。

松井選手のスライダーは、曲がり幅が大きいだけでなく、キレもいい。

ほぼ初見で打つのは無理だろう。

国際大会は、お互いに対戦経験のない相手と対戦する。

松井選手のスライダーは外国人選手をキリキリ舞いさせるだろう。

②腕の振りがいい

松井選手は、とにかく奪三振率が高い。

それは、スライダーやストレートのキレがあるからこそなのだが、

一番の要因は、どの球種でも腕の振りが変わらないこと。

打者は、同じ腕の振り方からでる直球と変化球の見極めができない。

とにかくバットを出すしかないのだ。

また、腕の振りがいいため、球にキレも生まれる。

球の質ばかりに目が生きがちだが、腕の振りがいいからこそ類をみないペースで三振が取れる。

③ストレートとチャンジアップのコンビネーション

プロ入り前、松井選手の印象はストレートとスライダーのみであった。

高校生相手では、その2つで十分通用した。

しかし、プロはそんなに甘くない。

曲がりの大きなスライダーは見極められ、甘く入ったストレートを痛打された。

そこで着手したのが、「チャンジアップ」

もともと投げてはいたものの、そこまでた多投していなかった。

今では、三振の半分以上はチェンジアップで奪っている。

キレのいいストレートとブレーキの効いたチェンジアップが打者を翻弄し、加えて腕の振りもいいためチェンジアップがきた時には、バットがすでに空を切っている。

ストレート、スライダー、チェンジアップの3球種でプロのバッターを切りまくる松井選手は、国際大会でも相手選手にバットに空を切らせるだろう。

 

松井選手は日本代表選出が有力、貴重な左のクローザー

松井選手は、今22歳(2018年現在)と若いが、東京オリンピック野球日本代表への選出はほぼ間違いない。

何故なら、左の直球派でクローザーは、球界を見渡しても貴重な存在だ。

変えの効かない存在だと言える。

松井選手ほどの実力があれば、一イニング任せてもいいし、左のワンポイントとしても起用できる。

ライバルとしては、ソフバンの嘉弥真や日本ハム堀などが候補だが、実力、実績ともに松井には及ばない。

また、松井には国際経験もある。

これから大きな怪我さえなければ、日本代表の選出は固いだろう。

そのため、松井選手には絶対的なクローザーへの成長を願いたい。

第2回WBCの杉内のような活躍をしてほしい。

 

まとめ

松井選手は、東京オリンピック野球日本代表にとって貴重な左のクローザー。

変えの効かない存在だ。

ただ、2018年シーズンは不調に悩まされている。

今までの実績から見て初めてだろう。

松井選手には不調を乗り越え、ひとまわり大きくなって戻ってきてほしい。

関連記事

  1. 侍ジャパン候補日ハム近藤健介は捕手として起用されるか?送球イップ…

  2. 西武ライオンズ浅村栄斗選手の凄さは、何?実は、体の強さにあった!…

  3. 田中広輔選手は東京オリンピックに選出されるのか?ライバルはソフバ…

  4. 藤浪晋太郎選手は東京オリンピックまでに復調できるのか!?選出され…

  5. 短期決戦の鬼 中田翔選手!東京オリンピックでも勝負強い打撃でチー…

  6. 日本ハム堀瑞樹選手はなぜ高卒1年目から活躍できたのか?実は投球フ…

おすすめ記事

  1. 東京オリンピック野球日本代表の座は誰が勝ち取るのか?選出メンバーを大胆予想!!メジャーリーガーの選出はあるのか!
  2. 2020年東京オリンピック野球日本代表の注目選手を紹介!誰が日本代表のスタメンを勝ち取れるのか!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2021年4月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る